トップページ > 会社の引越しと家の引越しとの違い

会社の引越しと家の引越しとの違い

まず量が違います。量が違うのと公の物が多いですから会社所有のばかりの物になります。

大きな会社であれば人数も多いですから会社の人間が引越しをするでしょうけど、IT関連の会社であれば、引越し業者に頼む所が多いみたいですね。

一般のところだと社員の人が引越しをしますね。
流通の会社なら荷物を運ぶ会社なのでトラックはいっぱいありますから運ぶことならプロですから自分たちで十分できますね。

他の人は、事務所なので新しい机のレイアウトは事務所の人がします。

どの会社の引越しでも置く場所、位置をしっかり決めておかないとダメですね。レイアウトを設計しておかないと引越しが終わらないです。

運び出す順番を決めおかないと日にちまでに終わらないですから

家の引越しでもそうですけど、会社の引越しは休みが明けたら、すぐに営業しないといけないですよね。

大きな違いはこの部分ですかね。量と即、前と同じように業務をすぐに再開しないといけないところが一番の違いですね。


そこですね。会社と個人の違いは・・・個人なら箱のまま置いておいても良いわけですよ。

帰ってきて疲れたながらでも段ボールから出してでもいいですけど、会社はそういうわけにはいかないですよね。

「あれどこいった!?」と言うわけにはいかないです。すぐに前にあった状態にしておかないといけない、伝票一冊なくなったら、その月の売上に関わってきますし

売上がなくなるなんてことにはできないですしね。業務は常に同じように動かないと

その辺が大きくてひとつもミスが許されないですね。迷ったり失くしたりできない。個人なら探せば済むことですけど

関連エントリー
会社の引越しで一番大変な事は?
会社の引越しと家の引越しとの違い
ゴミは大量にでますか?
会社の引越しを自分たちでした訳
運べない物は何ですか?
会社のプロバイダー変更手続き
挨拶、手続き、費用
会社の引越しで辛い事と地震対策